クムホタイヤ 5年連続レッドドット・デザイン賞(ドイツ)受賞

  • 2016年04月15日

クムホタイヤ(代表:イ・ハンソプ)の「K-Silentタイヤ」と「ロードベンチャーMT51」が、世界三大デザイン賞のひとつであるレッドドット・デザイン賞(Red-dot Design Award)を受賞しました。クムホタイヤは2012年から5年連続の受賞となります。

昨年6月に韓国で発売されたK-Silentタイヤ(日本未発売)は、タイヤ内部に吸音材をつけることにより騒音の原因となる共鳴音を減少させ静粛性を高めたタイヤです。
※共鳴音とは路面とタイヤが接触する際にタイヤ内部の空気振動によって発生する騒音のこと。

ロードベンチャーMT51は、マッドテレーンタイヤの新製品(日本未発売)です。オーストラリア・アウトバックの過酷な環境下で昨年実施された走行テストで優れたオン・オフロード性能が実証されました。ジグザグ形状の独特なパターンがあらゆる路面での走行を可能にしています。

レッドドット・デザイン賞は1955年から続くデザイン賞で、プロダクトデザイン・コミュニケーションデザイン・コンセプトデザインの3つの部門で構成されます。ドイツのiFデザイン賞(IF International Forum Design)、アメリカのIDEA賞(International Design Excellence Award)とともに世界三大デザイン賞として知られています。
20160415_reddot

× close