トッテナム・ホットスパーとのスポンサー契約延長

  • 2018年11月21日

クムホタイヤは11月20日(現地時刻)、イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー(以下トッテナム)と2020/2021シーズンまで3年間のスポンサー契約を結びました。

韓国代表FWのソン・フンミン選手も同クラブと2023年まで契約を延長しており、今後も様々な形での広告効果を期待しています。

トッテナムのトレーニングセンター「ホットスパー・ウェイ(Hotspur Way」」で行われた調印式には、クムホタイヤ欧州営業担当専務であるジュ・ギョンテ氏とソン・フンミン選手、ビクター・ワニアマ選手、フェルナンド・ジョレンテ選手、キーラン・トリッピアー選手などトッテナム所属選手をはじめとする両関係者が参加しました。

トッテナムは1882年に創設された北ロンドンの強豪クラブです。毎年上位の成績(昨シーズンは3位)を記録しており、UEFAチャンピオンズリーグやUEFAヨーロッパリーグにも継続して出場するなど世界的にも人気の高いクラブチームです。また、イングランド・プレミアリーグは3年間の放映権料だけで51億ポンド(約7,300億円)となり世界屈指の人気を誇るサッカーリーグとして知られています。

クムホタイヤは2016/2017シーズンからトッテナムのオフィシャルパートナーとして活動しています。
ホームで開催されるリーグ戦ならびにカップ戦でのスタジアム広告や冠試合、その他媒体などを通じ、全世界のサッカーファンに躍動感のある企業イメージを発信しています。他にもトッテナムのロゴやソン・フンミン選手をはじめとする主力選手イメージの活用やユーザーを対象にしたイベントの企画なども計画しています。

トッテナム会長であるダニエル・レヴィ氏は「クムホタイヤとのパートナーシップ契約延長は、過去2年の成功的な関係をより強化する意味だ」とし、「イギリスをはじめ主要なグローバル市場において拡大しているデジタルチャンネルを通じクムホタイヤの事業とブランドの成長を支える協力関係を続けていくことは興味深い事だ」
としました。

クムホタイヤ欧州営業担当専務であるジュ・ギョンテ氏は「世界最高峰の人気を誇るプレミアリーグの名門クラブであるトッテナムとパートナーシップを延長することができ非常に喜ばしい」とし、「我々のパートナー関係は既に成功していると言えるが、今後も全世界に向けて情報を発信することでグローバルタイヤメーカーとしてのポジションを更に高める事が出来ると期待している」としました。

× close